看護師の転職STYLE

看護師の資格を取る方法

今の時代、女性の社会進出も進み、結婚しても仕事をしたり、出産では、出産休暇と育児休暇は取っても直ぐに職場復帰をすると言う人も多く、専業主婦と云う人の方が少くないのではないでしょうか。そんな時代だからこそ、手に職を持っている人かまたは、資格を持っている人の方が、社会からのニーズが多く、復帰しやすいのです。 そこで、高齢化社会の現代での人気の職業が、看護師です。高齢化社会ならでは、医療系は就職率も良く、また再就職の確立も高くなっています。では、看護師の資格を取るにはどのようにしたらよいのでしょう。 高校の卒業資格があれば、看護の専門学校に行くのが早道でしょう。学校に3年間通う事で、国家試験の受験資格がもらえます。また、准看の資格を取れていれば、病院に働きながら正看の資格を取る事ができます。 ただ、正看の国家試験は、すぐに受けると言う事はできません。受験資格を得る為には3年間の勉強期間が必要なのです。 後、准看は、国家資格ではなく、各都道府県の知事が関与する試験ですので、結婚などで転職しなければならないなどと言った事がある場合の事を考えると、正看まで修得する事をお勧めします。国家資格を持っていれば、これからの人生の選択肢が増える事でしょう。


便利なサイト案内

Copyright(c) 2011 看護師の転職STYLE. All Rights Reserved.