看護師の転職STYLE

看護師の就職先

看護師の就職先は、新卒の場合は主に医療機関特に病院になります。ここで、医療機関である程度の経験を積んで、その経験をもとにして診療所などに転職をするという考え方もあります。 最初に病院などを経験したほうがいいのは、若いときでないと体力に衰えが来た時に病院以外の無床つまりベッドがないところであったり、そういったところではある程度の経験を積んだ看護師でないと採用をしてもらいにくいという実情があります。 また、他にも訪問看護ステーションでの勤務などもあり得ます。医療機関から独立した訪問看護ステーションの場合もあれば、医療機関やあるいは医療機関併設で行っているところもあります。いずれにしても、こうした訪問看護のような在宅医療では、医師との連携やある程度の人間関係が出来ていることが重要になってきますので、若いうちは難しい場合があります。若いときであれば、できれば病院などで交代制勤務などを経験し、その経験を数年間は積んでその後改めて転職先を探せばよく、病院で交代制勤務を経験した看護師であれば需要は必ずあります。 介護保険制度が平成12年4月1日からスタートし、この制度により福祉関係の事業所でも看護師の採用が活発に行われる状況になりました。看護師が勤務できるところが医療機関だけではなく福祉関係の事業所などにも広がったことにより、就職先は多くなっています。


便利なサイト案内

Copyright(c) 2011 看護師の転職STYLE. All Rights Reserved.